トップ

経営についての企画書

大切な経営企画書

ノウハウ

経営に必要な企画書作成ノウハウ

経営企画書を作成するにあたり、色々なサンプルやひな形を参考にするというのも一つのノウハウです。経営するうえで伝えるということが常に問われますが、だらだらと長い文章で専門用語を多用したような企画書では誰が見てもわかるものではなく本当に大事なことが伝わりません。明瞭簡潔で誰が読んでもわかるような企画書を作成するには、企画書の書き方や見本を利用しながら企画力もアピールできるよう慎重に進めていきましょう。サンプルやひな形などは構成などとても参考になりますし、実例を見ることによって自分なりの客観的な評価もできます。

融資を受けるためのノウハウ

起業の際に、資金の用意に困る事は珍しくなく、投資家から融資を受けるケースもあるはずです。その際に必要になるのが経営企画書です。その名の通り、どのような企画を行っていくのか、どれだけお金と将来性があるのかを説く書類になっています。銀行に融資を申し込む際には合わせて事業計画書が必要になる場合がありますが、どの程度の担保でどの程度のお金が借りられ、どのように返済できるか、その案が現実的かどうかは、提出する前の書類作成の時点で多くのノウハウを必要とするものなのです。初期投資額が少なく、追加投資が必要になる場合は効率が著しく落ちる場合も多いため、企画書、計画書を通すノウハウは経営者として必須のスキルであると言えます。

↑PAGE TOP